忍者ブログ
兼・更新日記
[1] [2] [3] [4] [5] [6
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新TB
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
フリーエリア
ブログ広告ならブログ広告.com 冬至楼均さんの読書メーター 【トレミー】人気ブログランキング
最新CM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自公が勝ちすぎたと言う意見は当然ながら出てきているのだけど、自民党に投じられた比例票は前回とあまり変わっていない。
前回も今回も無党派票が勝手に踊って政局を混乱させただけ。
それでも、民主党(あの時点では社民と国民が連立相手として有った)は三分の二を取れず、自公は取れた。
その違いは支持層の堅さの違いだろう。
選挙直前にはじき出された世論調査の支持率が、おそらく自民民主の固定支持層なのだと思う。

さて本番の選挙考察。
民主党は現役閣僚が過去最大の八人落選。
この中には官房長官や財務大臣と言う普通ならありえない大物まで含まれている。
閣僚経験者も十人が落選。まあ三年間で大臣を濫造したからねえ。
さらには議長や元首相も小選挙区で負けて復活当選と言うお粗末振り。
目立った分だけ民主党への逆風が直撃したということなのだけど。
大勝ちした自民党だが、加藤元幹事長が無所属候補に負けてのまさかの落選。
民主他の世襲批判は的外れだが、ベテランでも能力にかげりが出ればこうして落とされる。
日本の有権者もまだまだ捨てたものではない。
そして維新の会。
50議席を越えて、予算関連法案の単独提出も可能と言う大勝利なのだけど、
首班指名で早くもトップ2が意見対立。
安倍自民党総裁に投票をと発言した橋下氏に対し、
独自指名を主張して議員団代表の平沼氏を推す石原代表。
衆議院選挙なのだから、誰を首班に推すかという点で事前の合意があってしかるべきだと思うのだけど。
まあ落としどころは石原代表に入れるのが無難なところでしょう。

拍手[0回]

PR
民主党は「コンクリートから人へ」と称して公共事業の見直しを公約しましたが、今となっては何をやったのやら。
政治の本質はばら撒きであって、詰まるところはどこに予算を重点配分するかという話である。
小数の富裕層からカネを集めて、貧困層にばら撒けば票は取れる。でもその結果として富裕層が逃げてしまえば経済が冷え込んで分配するパイが小さくなって誰も得をしなくなると言う話。
更に言えば、民主党の政策は公共事業を諸悪の根源として攻撃しすぎたために、必要な維持費まで削ってしまったようなもの。

ただ今後の公共事業は、国単位で考えるべきものと、地方毎に異なる需要が発生するものとに分けて行う必要があるだろう。

拍手[0回]

民主党政権が三年間で最も無能をさらけ出したのが安全保障問題だったと思う。
鳩山ら元総理は基地問題を初めとして軍事的な無知をさらけ出し、
菅元総理は震災・原発対応で醜態を演じた。
北朝鮮のミサイルは官房長官の望みどおりに発射されたけど、一番露出の高い官房長官は職務に精励しているだけで選挙活動になるのだから、官邸に詰めていてお国入りできない等と嘆くのは政権運営がおかしい証拠である。

それを受けて自民党安倍総裁は国防軍構想を打ち出し、一部の九条信者達の狂乱を引き出した。
石原代表は憲法を改正するなら協力すると言っていますが、果たしてそれが維新の会の総意なのか。少なくとも維新八策には無かった気がしますが。
外交防衛問題は票にならないと言われますが、北のミサイル問題や中国の尖閣侵入はこうした情勢を変えつつあるようです。
自民・民主・維新で三分の二が取れれば改憲も見えてきます。
そうなれば公明党も切れるのですけど、さてどうなりますか。

拍手[0回]

泡沫政党の分析は面倒なので争点についての考察に移ります。

原子力規制委員会が敦賀原発二号機が活断層の上にある可能性が高いと判断。
これに対して日本原電が公開質問状を提出しましたが、本音は廃炉に成ったら発生する様々な問題が受け止められないだけでしょう。
この際だから、明らかに駄目なものを廃炉と決めて安全なものから動かすと言うのが現実的だと思う。
言葉は悪いけど敦賀原発はある意味格好のスケープゴートになる。

この期に及んでも原発推進を訴えているのは幸福実現党くらいで、大勢はどこまで減らすか、どのような日程で減らすかと言うことでしょう。
即時廃止が世論の合意でないことも確か。それを読み違えて脱原発でまとまった烏合の衆もありますが、看板と黒幕の駆け引きが透けて見えてとても支持が集まっていません。
黒幕サンの党は某ネットではダントツの支持率を誇っていましたが、統計と言うのは適切なサンプリングをしないと意味が無いという典型例です。

北海道では冬の電力不足が深刻な状況で、新政権は真っ先に再稼動を打ち出すべき。
そもそも北海道で屋根に太陽光発電なんて無意味でしょう。最も発電効率の高い夏場には電力は売るほど作れても、肝心の冬場には雪で使い物にならないのだから。
豪雪地帯には別の対策が必要なわけで、エネルギー政策に関して全国一律なんてありえない。

拍手[0回]

まだ一定数の議席を維持しそうな共産党と、ほとんど絶滅間近の社民党。
日本の共産党は一度も政権与党に加わらず、それ故に独自性を保ち続けた訳ですが、それ故に日本の政局になんら影響を及ぼさなかったと言えるわけで。
共産主義にこだわらなければもうすこし支持を増やせそうな気もするのですが、それだと他の泡沫政党にまぎれて消えてしまいそうで残念な気もします。
一方、誰もが耳を疑った自民党との連立政権以来、党勢が縮小し続けた社民党。その流れは今の民主党に受け継がれ、もはや逃げ遅れたボートピープル。
安倍自民党が改憲を高らかに掲げているのに全く支持が伸びない点を見ても、もはや”護憲”では党を維持できないことは明らかなのですが。
中国がしきりに尖閣に船を送り、また北朝鮮がミサイル実験を宣言している状況では空想的平和主義が国民に受け入れられるはずが無い。

蛇足:
なにか安倍自民党が勝利して、国防軍が出来たら徴兵が復活するなどと短絡的な思い込みをしている方々もいるようだけど。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
冬至楼均
HP:
性別:
男性
amazonブログパーツ
忍者アド
アクセス解析
過酷人生ゲーム
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]