忍者ブログ
兼・更新日記
[1001] [1000] [999] [998] [997] [996] [995] [994] [993] [992] [991
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新TB
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
フリーエリア
ブログ広告ならブログ広告.com 冬至楼均さんの読書メーター 【トレミー】人気ブログランキング
最新CM
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

利家の死により武断派の諸将が三成の謀殺に動きます。
兼続の元に三成からの使者が来て、これから家康の元へ行くと告げます。
三成起死回生の策ですが、兼続は念を入れて淀の方の元へ助力を乞いに向かいます。(この一件にまで兼続を絡めますか…)
家康主従はこっそりと謀殺も検討しますが、淀の方からの書状により家康は三成の謀殺は思いとどまります。
家康は命を助けてやるから居城へ帰って蟄居していろと告げる。
三成は抵抗しますが、お前に人望がないからだと言われては返す言葉もありません。(お前の誹謗中傷の所為だろうと言いたくなるでしょうけど)

兼続は毛利輝元と計って家康を制止しようと動きますが、
家康は利長による家康暗殺計画があると糾弾。
更に三成による襲撃計画も暴露し、上杉家もこれに荷担したと責めます。
景勝は太閤の遺言を盾に家康の説得を試みますが、
ここで景勝に帰国を進めて話を逸らしてしまいます。
景勝はぶち切れてだったら帰ると言い出します。兼続は京に留まるべきと主張しますが、もはや戦いを覚悟している主君を止める事が出来ません。
挑発したのは家康の方ですが。

小早川秀秋に帰国の挨拶をする景勝主従。
秀秋は彼なりに不穏な空気を感じ取っているようです。
奥方を連れて帰れないのは上杉家に叛意無きを示す意図ですが、場合によってはこれが今生の別れになる可能性もあった訳ですね。

帰国途上、兼続はこっそりと佐和山の三成を訪ねます。出迎えたのは久しぶりの初音さん。
すっかり意気消沈している三成を慰める兼続。三成は自分の人望のなさを今更ながら嘆いていますが、兼続はその私心の無さこそが彼の価値なのだと諭します。
そして両者の密約。家康が上杉討伐に出てがら空きになった京を三成が押さえ、東西から挟み撃ちにすると言う壮大な戦略です。
兼続は自分で聞いていないのに太閤の遺言を察知していたようです。
三成も「天下を…」までしか聞いていないのに。
戦勝を祈願して別れる兼続と三成ですが、これが今生の別れとなります。

家康は北政所から西丸を譲り受け、気分は既に天下人。
利長は母親を人質に家康に屈します。利家もこんな事になると知っていたら家康を刺し殺していたろうにねえ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
比較歴史学   *HOME*   日蘭戦
プロフィール
HN:
冬至楼均
HP:
性別:
男性
amazonブログパーツ
忍者アド
アクセス解析
過酷人生ゲーム
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]